小児歯科

診療カレンダー

  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の特徴
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • よくある質問

治療方針

治療方針

 子どもにとってはじめての歯医者さんは、子どもの口の健康を一生左右すると言っても過言ではありません。虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないで済むように、定期健診をおすすめします。

治療の前に

歯の治療は大人でも嫌な人が多いものです。特に小さい子どもの場合は次のことにご注意下さい。

  • ⑴ 幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
  • ⑵ 嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。
  • ⑶ 幼児は歯科治療で嫌がって泣いたり暴れたりすることもあります。汗をかきますので特に冬場などは下着などの着替えを用意してきて下さい。また治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。
  • ⑷ 待合室ではなるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読んで聴かせたり、抱っこしてあげて下さい。

定期健診

定期健診

 子どもの歯はムシ歯になりやすく進行が早いのが特徴です。歯科健診を定期的に受けることで、親では見つけられない初期の虫歯やかみ合わせの問題などを早期発見することができます。

健診のメリット

健診のメリット
  • ・親では見つけられない初期の虫歯の早期発見ができる
  • ・フッ素やシーラントなど虫歯の予防処置ができる
  • ・虫歯を予防するためのアドバイスを受けられる
  • ・歯医者に慣れることができる
  • ・歯みがきや食生活の指導を受けられる
  • ・歯についての意識が芽生える

小児矯正

小児矯正

 子どもの矯正(小児矯正)は、ヨーロッパをはじめ欧米では古くから取り入れられている治療方法です。
 小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)と歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療です。
 特に1期治療は、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子さまだからこそできる治療です。このことでなるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
 さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もありますし、多くの場合、部分的な歯列矯正で済んでいます。もちろん、すべての歯並びの問題が小児矯正の適応ではありません。永久歯が生えそろってから、成長が止まってから治療した方がいい場合もあります。

●1期治療(骨格矯正)・・・3歳~12歳
●2期治療(歯列矯正)・・・10歳~成人

TOP