インプラント治療

診療カレンダー

  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の特徴
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • よくある質問

インプラント治療とは

インプラント治療とは

 インプラント治療とは、歯の抜けたあごに穴を開け、人工歯根(フィクスチャー)を植え込み、その上にアバットメント(支台土台)を取り付け、その上に義歯冠(上部構造)を被せる治療方法をいいます。人工歯根の材料は骨ととても馴染みやすいチタン合金でできています。
 この治療方法は入れ歯やブリッジに変わるものとして一般的になり、天然歯に近い審美性と機能性が得られ、よく噛めることが特徴です。

院長紹介

歯学博士 山下 忍

 当クリニックの院長山下忍は、開院以来30年以上に渡って、学会への参加、研鑽に努め、数多くのインプラント治療実績と経験を通じて、質の高い治療と親身な説明をいたしております。
 また、東北大学大学院では口腔病態外科学講座 口腔病理学分野の非常勤講師を務め、公益社団法人 日本口腔インプラント学会 専門医資格を有する、東北におけるインプラント治療の第一人者でもあります。

→関連リンク:院長プロフィール

使用メーカー

マエストロシステムインプラント

 当クリニックで使用しているインプラントは、バイオホライズン社のマエストロシステムインプラントを中心としております。
 口腔内の骨には4種類の骨密度があり、本システムはこの骨の状態に合わせたインプラントを選択して確実に骨との結合を作り出す事ができます。
 また、インプラントの素材は生体で安定性と強度に優れたチタン合金でできており、表面には骨との親和性を高める表面処理を施しています。形状も噛んだ時に骨に負担のかからないような優れたデザインになっています。
 マエストロシステムはアメリカをはじめ世界各国で認可され、世界の歯科医院から高い支持を得ている、安心しておすすめできるインプラントシステムです。

→関連リンク:バイオホライズン社 ホームページ

こんな方におすすめ

  • 入れ歯(義歯)がガタついたり、気になって食事が美味しく感じない
  • 入れ歯のせいで、発音や発声がおかしくなり、しゃべりにくい
  • 営業職、調理師、タレントなど職業的、審美的に入れ歯では困る
  • 入れ歯を入れることが精神的に負担になっている
  • 事故などで歯が折れたり抜けてしまった
  • 楽器の演奏に不自由を感じる
  • いつまでもキレイな歯並びをキープしたい
治療前→治療後

 このような方におすすめのインプラント治療なら、入れ歯のように健康な両側の歯を削らなくてすみ、よく噛め、見た目もよく仕上がります。インプラントは骨にしっかりと固定されるため、耐久性も高く、術後は表情も変わってまいります。

他の治療法との比較

歯が1本抜けている場合

従来の治療(ブリッジ)
従来の治療(ブリッジ)

両側の2本の健康な歯を削り、補綴物をかぶせ、真ん中に代用の補綴物を渡して装着します。

インプラント治療(1本植立)
インプラント治療(1本植立)

インプラントでは、抜けた歯の位置に人工の歯を植立し、隣の歯に影響を与えません。

歯が2本抜けている場合

従来の治療(ブリッジ)
従来の治療(ブリッジ)

咬合圧を多くの健全歯で支えるため、2~4本の歯を削り、2本の補綴物を渡します。

インプラント治療(2本植立)
インプラント治療(2本植立)

2本のインプラントを植立しそれぞれ健全歯と同様に咬合圧を分散して負担します。

奥歯が数本抜けた場合

従来の治療(部分入れ歯)
従来の治療(部分入れ歯)

取り外しの出来る入れ歯をワイヤーで左右に渡し、爪錨を健全歯に削って固定します。

インプラント治療(1セット植立)
インプラント治療(1セット植立)

数本のインプラントを植立し、それぞれ単独の人工歯を誕生させます。

全部の歯が無い場合

従来の治療(総入れ歯)
従来の治療(総入れ歯)

入れ歯を作り装着しますが、歯肉が対縮した下あごの入れ歯は、固定が困難でした。

インプラント治療(アタッチメント義歯)
インプラント治療(アタッチメント義歯)

4本のインプラントを植立し、アタッチメントを維持装置として義歯を装着します。

デメリット

 治療に当たっては、それぞれのメリットデメリットをご説明の上、十分にご納得いただいてから治療を受けて頂いております。

  メリット デメリット
インプラントインプラント
  • ・自分の歯と変わらない感覚で噛め、異物感がない
  • ・周りの歯を傷つけない
  • ・部分欠損から全歯欠損まで対応可能
  • ・見た目の仕上がりが自然
  • ・外科的な治療が必要(抜歯程度)
  • ・糖尿病などの疾患がある場合、インプラント治療ができない場合がある
  • ・治療期間が他の治療に比べて長い
  • ・保険適用外で治療費が自己負担(医療費控除あり)
  • ・症例によっては骨を造成する外科的処置が必要になるケースもある。
入れ歯入れ歯
  • ・作製期間が1ヶ月前後なので、短期間で治療が終わる
  • ・自分自身で着脱可能で、お手入れがしやすい
  • ・素材によっては保険内で治療でき安価
  • ・食べ物が入れ歯と粘膜の間に挟まり、痛むことがある
  • ・異物感が強く、慣れるまで話しづらい
  • ・留め具があるため、見た目に影響したり、かける歯に負担がかかったりする
  • ・総入れ歯の場合、粘膜を覆う面積が大きいため、食べ物の味や温度がわかりづらくなる
  • ・顎の骨が痩せやすくなり、入れ歯の作り変えが定期的に必要
ブリッジブリッジ
  • ・固定式のため、ほとんど装着感がない
  • ・人工歯の素材によっては保険適用内で治療可能
  • ・連結した人工歯を支えるため、両隣の健康な歯を削る必要あり
  • ・歯を支える歯根の数が通常より少ないので、咀嚼時の負担が増える
  • ・審美的なブリッジにすると保険適用外

治療の進め方(例)

1. カウンセリング・検査・診断

 初診時に問診票とヒアリングによるカウンセリングを行います。あわせて、レントゲンによる検査や歯形の採取を行います。
(他の医院でのインプラント治療をお考えの場合には、セカンドオピニオンとしての対応も行っております。)

2. 治療計画の説明

 初診での検査資料を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。必要に応じて、模型や実物を用いて治療計画の説明を十分に行います。また、上あごにインプラントを埋め込むための骨量が十分に無い場合は、骨を造る手術(上顎洞挙上術、骨造成術)が必要になります。
 いずれにせよ、患者様への十分な説明と理解が行われてから実際の治療へと進みます。

3. 虫歯や歯周病の治療など手術前の準備

 インプラント治療の前に、周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。また、骨量が不足している方には骨の移植手術を行います。

4. 手術 (1回目)

手術(1回目)

 麻酔をかけ歯茎を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けます。そしてその穴に、人工歯根の植え込みをします。歯茎を縫合し、約3ヶ月~4ヶ月程度インプラントが骨と結合されるのを待ちます。

5. 手術 (2回目)

手術(2回目)

 人工歯根と骨とが十分に結合したら、再び歯茎を切開し、歯茎の形を整えるための土台(アバットメント)を装着します。歯茎が落ち着くまで1~2週間待ちます。

6. 手術 (3回目)

手術(3回目)

 仮歯を装着して微調整を重ねた後、型を取り、上部構造(人工歯)を装着します。

7. メンテナンス

 治療後は、毎日の歯ブラシを欠かさず、年に2~3回検査のため来院していただければ、長期に機能を維持します。
 その人の健康状態(口腔内の清潔度合い、骨の状態)により異なりますが、当クリニックで施行した患者様の中には、25年以上も十分に機能して、食事・会話を楽しんでいる方もいらっしゃいます。

症例

症例1

交通事故により歯根破折した症例で従来の固定性ブリッジではなく、(健全な歯を削らず)インプラント補綴をした症例

症例1

 インプラント補綴をした症例交通事故により入院、退院後来院された患者様です。口腔内は上の前歯部は外傷により歯冠部が喪失しています。

 レントゲン撮影により骨内に歯根部の破折所見が認められました。
患者様に治療方法の説明を行いました。

 一つは従来の固定性のブリッジ、(健康な歯を削ったりしなくてはなりません)ともう一つは抜歯と同時に骨内インプラントの治療方法の提案を行いました。
インフォームド・コンセントの上、後者のインプラント療法を行いました。

 約5ヶ月後アバットメント(土台)をインプラント体に接続後、暫間のテンポラリークラウンを装着後、最終補綴物(金属焼付ポーセレン)を装着しました。

症例2

 従来の固定性ブリッジの治療を支台となっている歯が破折した症例で、日常の臨床では特に多いケースです。

 従来の一歯欠損におけるブリッジの咬合力に対するたわみを1とすると2歯欠損、3歯欠損の咬合力に対するたわみは8倍、27倍となり土台となっている歯の歯根破折の危険をはらんでいます。

  • 症例2-1

    術前の口腔内写真

  • 症例2-2

    歯根破折したブリッジ

  • 症例2-3

    インプラントを利用したブリッジ

症例3

インプラントを利用して総義歯の安定をよくした症例

症例3術前

 上下総義歯の患者様です。下顎の総義歯の安定をよくしてほしいとの要求が強い患者様です。
 口腔内を拝見しますと、特に下の顎の骨の高さ、幅がないため、口腔内で義歯の安定性がよくありません。
 インフォームド・コンセントの上、インプラントを利用して安定を改善する治療方法を選択しました。

  • 症例3-1

    1.インプラント埋入直後

  • 症例3-2

    2.約4ヶ月後、インプラント体にバータイプの維持装置装着

  • 症例3-3

    3.総義歯の内面

  • 症例3-4

    4.安定性のよいインプラント支持総義歯

症例4

右側上顎:上顎洞挙上術を行った症例 1994.1月 施術

右側上、下顎とも臼歯部が喪失した症例で左側でしか咬んでいない状態が続いたため、左側下のブリッジが破折した症例です。可撤性の義歯(とりはずし)ではなく、固定性の補綴物を希望しました。 インフォームド・コンセントによりインプラント治療を行いました。

症例4

右側の大きな上顎洞の存在を認めましたので、まず上顎洞の挙上術(下の顎より自家骨+人工骨の骨補填剤)を行い、後、10ヶ月後に上下のインプラント埋入を行いました。

インプラント埋入術後 2001.7.1のx-ray(インプラント埋入後12年後)

費用(税抜)

インプラント治療(一歯あたり)

インプラントの構造

  • ⑴人工歯根の埋入
    220,000円
  • ⑵チタンアバットメント
    20,000円
     ジルコニアアバットメント
    40,000円
  • ⑶上部構造(ハイブリッド)
    60,000円
     上部構造(セラミック)
    80,000円
     上部構造(ジルコニア)
    130,000円

合計 ⑴人工歯根 + ⑵アバットメント + ⑶上部構造

300,000円~390,000円

骨の造成術:上顎洞挙上増成術(一洞)

  • サイナスリフト(側壁からのアプローチ)
    270,000円
  • ソケットリフト(歯槽頂からのアプローチ)
    120,000円

GBR(骨増成術)

  • 2歯~6歯 相等部の範囲
    70,000円~150,000円

※インプラントや当院に関して不安や疑問等ございましたらお気軽にご相談ください。
 →よくある質問へ
 →お問い合わせへ

TOP