インプラント治療の費用

はじめに

インプラントを理解する

インプラント治療は、基本的に保険適用外の治療です。そのため、他の治療費と比べても高額になります。

山下歯科クリニックでは、事前のカウンセリングを徹底し、インフォームドコンセントを大切にしています。不安なことは全て解消させて頂き、安心して治療に臨めるような環境を提供させて頂きます。

インプラント治療の費用|仙台市青葉区の山下歯科クリニック

インプラントの構造

インプラントは、

  • 1:人工歯(上部構造)
    → CROWN
  • 2:支台(連結部分)
    → ABUTMENT
  • 3:人工歯根(インプラント体部分)
    → SCREW

上記、3つの構造で成り立っています。

1歯あたりのインプラント治療

1歯あたりのインプラント治療は、この「1+2+3」の合計で決まります。

合計金額=「1:人工歯の費用」+「2:支台部の費用」 +「3:人工歯根の費用」

一般的なインプラント治療の費用

1歯あたりの治療費総額

合計金額=「1:人工歯の費用」+「2:支台部の費用」 +「3:人工歯根の費用」

以上の総額として、1歯あたり、おおよそ360,000〜430,000円(税別)で治療させて頂きます。
内訳は下記の通りです。

人工歯根の埋入費
一律 240,000円(税別)
支台部の費用
チタンアバットメント 40,000円(税別)
ジルコニアアバットメント(審美領域) 60,000円(税別)

※ 2種御座いますので、どちらかをご選択頂きます。

人工歯の費用
ジルコニア+ポーセレン築盛(審美性一番高い) 130,000円(税別)
ジルコニアナチュラル(ジルコニアにステインをつけているもの) 110,000円(税別)
メタルボンド 100,000円(税別)
ハイブリッド 80,000円(税別)

※ 3種御座いますので、どれかをご選択頂きます。

特殊なインプラント治療の費用

特殊な治療が必要となるケース

このような方は特殊な治療が必要です
  • 歯があった部分に骨がない方
  • 骨が薄い方
    →生まれつき骨が薄い
    →上顎骨の中にある副鼻腔が張り出して薄い など
  • 重度の歯周病によって骨が大きく溶けてしまった方

以上に該当する方は、必要な骨の幅や高さが不足していることが多いため、一般的なインプラント治療はできません。
そのため、インプラント治療以外の選択肢(入れ歯・ブリッジなど)の検討を余儀なくされますが、当院では特殊な治療を施すことによって、インプラント治療が行える環境を作ります。

特殊なインプラント治療

当院では、インプラント骨の造成術として、

  • サイナスリフト
  • ソケットリフト

また、インプラント骨増成術として

  • GBR(骨誘導再生法)

を提供しています。

インプラント骨の造成術の費用

上顎洞挙上増成術
サイナスリフト(側壁からのアプローチ) 270,000円(税別)
ソケットリフト(歯槽頂からのアプローチ) 120,000円(税別)
GRB法(骨誘導再生法)
2歯~6歯に相当する範囲 70,000円~150,000円(税別)

デンタルローンについて

当院の治療ではデンタルローンが利用できます

このようなお悩みありませんか?
  • インプラント治療を受けたいが、一括払いが難しい。
  • 用意していた自己資金では治療費が足りない。
  • 急な出費が重なってしまい、治療費の用立てが難しくなってしまった。

以上のような方には、自分にあった金額で分割払いできる「デンタルローン」のご案内が可能です。

デンタルローンの特徴

ご利用できる方
  • 20歳以上の方
  • 安定した収入のある方

以上、2つの条件を満たしていれば、利用することができます。

対象となる治療
  • インプラント治療
  • 矯正歯科
  • 審美歯科

以上のように、保険外診療における治療費全般が対象となります。

注意
対象外となる治療もございますので、まずは当院までご相談ください。

医療費控除の対象

デンタルローンは、ご利用金額すべてが医療費控除の対象となります。
(医療費控除の金額には上限がありますのでご注意ください)

医療費控除について

山下歯科クリニックのインプラント治療は、医療費控除の対象となります。

インプラント治療をする際に、医療費控除を活用することで、自己負担を軽減させることができます。

医療費控除とは

山下歯科クリニック|医療費控除について

患者様ご自身(またはそのご家族)の年間でかかった医療費が、10万円を超える場合、医療費控除が適応されます。

医療費控除の対象

年間(その年の1月〜12月まで)にかかった

  • インプラント治療費
  • 医薬品の費用
  • 通院にかかった交通費

など

支払い方法の対象
  • 治療時に現金払いされた方
  • デンタルローンを利用された方
  • クレジット払いをされた方

以上、全てが医療費控除の対象となります。

一番上に戻る