インプラント手術時の麻酔について

インプラント治療は、麻酔をして手術します。

抜歯などの治療にも使用される「局所麻酔」によって、ほとんど痛みを感じることなく治療が受けられます。

しかし、局所麻酔だけでは意識がはっきりしているため、治療中に恐怖や緊張を感じる患者さんがいらっしゃいます。

当院では麻酔医が在籍しており「静脈内鎮静法」を併用したインプラント治療を提供しています。

 

静脈内鎮静法とは

歯科の麻酔というと、治療前に歯茎に刺すチクッと痛い麻酔(局所麻酔)を連想される方が多いと思います。

しかし、インプラントなどの大掛かりな治療では「静脈内鎮静法」という、全身麻酔に比べてリスクの低い麻酔を併用します。

静脈内鎮静法によって意識をコントロールしながら治療を受けていただくことができるため、治療中のストレス(恐怖や緊張)を和らげることができるのです。

静脈内鎮静法の特徴

麻酔によって本当に眠ってしまうわけではなく、意識はあります。

通常の局所麻酔と併用し痛みを抑えながら、歯科医師の指示に受け答え出来る状態を維持しながら手術を進めていきます。

しかし、手術中は治療時の音や恐怖心をあまり感じることがないため、ストレスが軽減されてリラックスしながら治療をすることができます。

こんな方におすすめです
  • 全身疾患をお持ちの方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 歯科恐怖症の方(恐怖心・不安が強い方)
  • インプラントの埋入本数が多い方

など

静脈内鎮静法のデメリット

  • 麻酔の影響によって足元がおぼつかなかったり、周囲の状況に鈍感になったりするため、車の運転や重要な判断が必要となる仕事、細かい仕事、運動など、控えていただく事項もあります。

  • 意識が戻っても、ふらつきや倦怠感、稀に吐き気を催すことがあるため、手術後は注意が必要です。

    ゆっくり体を休めていただいた後、ふらつかずにまっすぐ歩くことができ、問いかけに明瞭に答えられる状態に回復しましたら、帰宅が可能となります。

  • 事前に鎮静法の注意点も詳しくご説明いたしますが、気になることはお気軽にご相談ください。

一番上に戻る